UEIリサーチ所長 西田友是に情報処理学会がフェローの称号を授与 UEIリサーチ研究員2名が優秀研究発表賞(GCAD賞)を受賞

「UEIリサーチ」の所長 西田友是(にしたともゆき)は、2015年6月3日に開催された情報処理学会総会において、情報処理学会フェローの称号を授与されました。

このフェローの称号とは、情報処理および情報通信等の分野において著しく貢献した会員に対してその貢献を称えるとともに、当該分野において、学術的または産業的発展・普及・振興などに著しい貢献をした会員に授与されるものです。

なお、今回の対象となった業績は、
「コンピュータグラフィックス分野の創成と基盤技術開発ならびに教育・普及に対する貢献」です。

情報処理学会フェロー:
https://www.ipsj.or.jp/annai/aboutipsj/fellow/fellow.html

画像:情報処理学会フェロー認証状
西田友是フェロー認証状

 

また、同研究所の2人の研究員(2014 年 6月に発表した佐藤周平、および2015 年2月に発表した大津久平)は、情報処理学会より、優秀研究発表賞(GCAD賞と呼ばれる)を受賞しました。この賞は、情報処理学会グラフィクスとCAD研究発表会で発表された講演の中から、研究内容ならびにプレゼンテーションが特に優れた発表論文とその登壇発表者に与えられるものです。
授賞式は、6月末に広島大学で行われます。

優秀研究発表賞(GCAD賞):
https://www.ipsj.or.jp/award/cg-award1.html