UEIリサーチの研究員が映像メディア学会優秀研究発表賞を受賞

UEIリサーチ研究員 櫻井 快勢は、本年6月18日、早稲田大学で開催されたVisual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2016において、映像メディア学会優秀研究発表賞を受賞しました。

 

受賞の対象となったのは、「複数画像を再現可能な反射板設計」と題した発表で、閲覧環境に応じて異なる複数の反射像を表現する反射板の設計方法に関する技術です。

20161222170729-0001